香村郁予

永瀬圭良 arrow_blank.PNG 早野薫
卒業年度2008年度
修得学位修士
 

在学時の研究テーマ

分子シミュレーションによるカーボンナノチューブ+一重鎖DNAの安定構造、電子状態、電気伝導特性の解析

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "Density-functional calculations of hydrated structures and electronic properties for G–C and A–T base pairs",
    I. Komura, Y. Ishikawa, T. Tsukamoto, T. Natsume, N. Kurita,
    Journal of Molecular Structure: THEOCHEM, 2008, 862, 122–129.

国内の学術雑誌に発表した論文

...No achievement found.

国際学会における発表

  1. "DFT and charge conductive simulations for DNA-wrapped carbon nanotubes",
    I. Komura, Y. Ishikawa, T. Tsukamoto and N. Kurita,
    International Symposium on Multi-scale Simulations of Biological and Soft Materials , 2008, June. 18-20, Tokyo, Japan.

国内学会における発表

  1. "密度汎関数法によるDNA塩基対の水和構造と電子状態の解析",
    香村郁予, 塚本貴志, 夏目貴行, 出立兼一, Y. Ishikawa, 栗田典之,
    分子構造総合討論会2006, 2006, 静岡県.
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.