福岡昭一

吉川依里 arrow_blank.PNG 辻真吾
卒業年度2010年度
修得学位修士
 

研究テーマ

  • カーボンナノチューブとDNA/RNAの複合体の安定構造、電子状態、電気伝導特性の解析

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "A combined Green's function/density-functional theory study of electrical conducting properties of single molecules tethered to Au electrodes",
    Y. Hoshiba, Y. Maeda, K. Hamada, S. Fukuoka, Y. Ishikawa, N. Kurita,
    Chemical Physics Letters, 2012, 521, 39-44.

国内の学術雑誌に発表した論文

...No achievement found.

国際学会における発表

...No achievement found.

国内学会における発表

  1. "分子シミュレーションによるカーボンナノチューブと多環芳香族アンモニウム誘導体の複合体の電気伝導特性の解析",
    福岡昭一,前田躍,塚本貴志,早野薫,香村郁代,栗田典之,
    第4回分子科学討論会, 2010, 大阪府.
  2. "分子シミュレーションによるカーボンナノチューブと多環芳香族アンモニウム誘導体の複合体の電子状態及び電気伝導特性の解析",
    福岡昭一, 塚本貴志, 早野薫, 香村郁代, 栗田典之,
    第3回分子科学討論会, 2009, 愛知県.
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.