研究紹介

 栗田研究室では、量子力学や古典力学などに基づく分子シミュレーション手法を用いて、DNA やタンパク質などの生体高分子の構造変化とそれに伴う電子状態の変化を解析しています。アルツハイマー病、がん、結核、HIVなどの病気に対する新規治療薬を提案することを目指して、研究を進めています。また、DNA遺伝情報の転写機構、放射線のDNAへの影響、及び新規のナノカプセルの安定構造に関する研究も、分子シミュレーションを用いて進めています。

 研究テーマは、大きく分けて DNA、タンパク質、がん、ナノ材料の4つがあります。以下のリンクをクリックすると各テーマ別の詳しい紹介がご覧頂けます。

 1.DNA

 2.タンパク質

 3.がん

 4.ナノ材料

 より詳細な研究内容に関しては、各研究紹介に示す発表論文をご覧ください。論文のタイトルをクリックすると該当する論文のページが表示されます。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.