澤村聡視

岡本晃澄 arrow_blank.PNG 前田躍
所属豊橋技術科学大学
情報・知能工学専攻
学年修士課程2年
E-mail
sawamura.png
 

研究テーマ

  • 分子シミュレーションを用いた分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼとリガンド間の結合特性の解析
  • フラグメント分子軌道計算による芳香族炭化水素受容体とダイオキシン間の特異的相互作用の解析

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "Ab initio fragment molecular orbital calculations on specific interactions between aryl hydrocarbon receptor and dioxin",
    S. Miyagi, S. Sawamura, E. Yoshikawa, K. Dedachi, S. Itoh, M. Ishihara-Sugano, N. Kurita,
    International Journal of Quantum Chemistry, 2012, 112, 289-299.

国内の学術雑誌に発表した論文

...No achievement found.

国際学会における発表

  1. "Effect of amino-acid mutation on specific interactions between AhR and dioxin: fragment molecular orbital calculations",
    S. Sawamura, S. Miyagi, K. Sashino, M. Ishihara-Sugano, S. Itoh, N. Kurita,
    CBI/JSBi2011, 2011, November 8-10, Kobe, Japan.
  2. "Effect of amino-acid mutation on specific interactions between AhR and dioxin: fragment molecular orbital calculations and reportor gene assay",
    S. Sawamura, S. Miyagi, S. Itoh, M. Ishihara, N. Kurita,
    CBI Annual Meeting 2010, 2010, September 15-17, Tokyo, Japan.

国内学会における発表

...No achievement found.

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.