松岡誠

arrow_blank.PNG arrow_blank.PNG 薄木亮
卒業年度2004年度
修得学位修士
 

在学時の研究テーマ

  • 転写制御タンパク質ラクトースリプレッサーの特性解析

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "Structures and electronic properties of monomer, dimer and tetramer of lactose repressor protein: molecular mechanics, molecular dynamics, molecular orbital and charge equilibration calculations"
    N. Kurita, M. Matsuoka, Y. Sengoku,
    Journal of Theoretical & Computational Chemistry, 2006, 5, 59-74.
  2. "Density functional calculations on the interaction between catabolite activator protein and cyclic AMP using the fragment molecular orbital method",
    S. Sugiki, M. Matsuoka, R. Usuki, Y. Sengoku, N. Kurita, H. Sekino, S. Tanaka,
    J. of Theoretical and Computational Chemistry, 2005, 4, 1-13.

国内の学術雑誌に発表した論文

  1. "カタボライト活性化タンパク質と環状AMP複合体の構造解析",
    薄木亮, 仙石康雄, 松岡誠, 田中成典, 栗田典之,
    J. Comput. Aided Chem., 2004, 5, 19-25.
  2. "密度汎関数法に基づくフラグメント分子軌道法を用いたDNA電子状態計算",
    仙石康雄, 松岡誠, 杉木真一郎, 田中成典, 栗田典之, 関野秀男,
    J. Comput. Aided Chem., 2004, 5, 1-8.
  3. "ラクトースリプレッサーとDNA複合体の結合エネルギー計算",
    松岡誠, 仙石康雄, 栗田典之,
    J. Comput. Aided Chem., 2003, 4, 35-41.

国際学会における発表

  1. "Specific Interaction between Lactose Repressor Protein and DNA: Density Functional MO Calculations,"
    M. Matsuoka, Y. Sengoku, H. Sekino, N. Kurita,
    The 1st Asian Pacific Conference on Theoretical & Computational Chemistry, 2004, May 12-15, Okazaki, Japan.

国内学会における発表

  1. "密度汎関数法によるラクトースリプレッサーとDNA間の特異的相互作用の解析",
    松岡誠, 仙石康雄, 関野秀男, 栗田典之,
    分子構造総合討論会2004, 2004, 広島県.
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.