村山陽平

早野薫 arrow_blank.PNG 若林一
卒業年度2008年度
修得学位修士
 

在学時の研究テーマ

  • 分子シミュレーションによる DNA と人工核酸から成る二重鎖の電子状態及び電気伝導特性の解析

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "Berberine alkaloid: Quantum chemical study of different forms by the DFT and MP2 methods",
    V.I. Danilov, V.V. Dailidonis, D.M. Hovorun, N. Kurita, Y. Murayama, T. Natsume, A.I. Potopalsky, L.A. Zaika,
    Chemical Physics Letters, 2006, 430, 409-413.

国内の学術雑誌に発表した論文

...No achievement found.

国際学会における発表

  1. "DFT calculations and charge conductive analysis for the double strands composed of DNA and artificial nucleic acids",
    Y. Murayama, T. Natsumea, Y. Ishikawab, E. B. Starikov, T. Tsukamoto and N. Kurita,
    International Symposium on Multi-scale Simulations of Biological and Soft Materials , 2008, June. 18-20, Tokyo, Japan.

国内学会における発表

...No achievement found.

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.