杉本拓也

松下祐貴 arrow_blank.PNG 村川孟
所属豊橋技術科学大学
知能・情報工学専攻
学年修士2年
E-mail
sugimoto.png
 

研究テーマ

  • 第一原理分子軌道計算による多孔性金属錯体の安定構造と結合特性の解析

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "Ab initio molecular simulations for model systems of metal organic frameworks and a proposal of novel organic ligands for MOFs",
    T. Sugimoto, T. Mizushima, A. Okamoto, N. Kurita,
    Materials Today Asia 2014, 2014, December 9-12, Hong Kong, Hong Kong.
  2. "Structures and electronic properties of metal organic frameworks: DFT and ab initio FMO calculations for model systems",
    T. Sugimoto, T. Mizushima, A. Okamoto, N. Kurita,
    Chemical physical Letters, 2014, 612, 295-301.

国内の学術雑誌に発表した論文

...No achievement found.

国際学会における発表

  1. "Ab initio molecular simulations for model systems of metal organic frameworks and a proposal of novel organic ligands for MOFs",
    T. Sugimoto, T. Mizushima, A. Okamoto, N. Kurita,
    Materials Today Asia 2014, 2014, December 9-12, Hong Kong, Hong Kong.
  2. "Structures and electronic properties of metal organic frameworks:DFT and FMO calculations for model systems",
    T. Sugimoto, T. Mizushima, A. Okamoto, N. Kurita,
    WATOC2014, 2014, October 5-10, Santiago, Chile.

国内学会における発表

  1. "密度汎関数法及びフラグメントMO法による多孔性金属錯体の安定性の解析",
    杉本拓也,水島達朗,岡本晃澄,栗田典之,
    第37回情報化学討論会, 2014, 愛知県.
  2. "分子シミュレーションによる多孔性金属錯体を安定化させる新規有機配位子の提案",
    杉本拓也,水島達朗,岡本晃澄,栗田典之,
    第8回分子科学討論会, 2014, 広島県.
  3. "第一原理分子シミュレーションによる多孔性金属錯体の特性解析",
    杉本拓也, 岡本晃澄, 矢野篤志, 檜貝信一, 若岡拓生, 栗田典之,
    第7回分子科学討論会, 2P134, 2013, 京都府.
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.