平川達也

前田躍 arrow_blank.PNG 藤田聖也
所属豊橋技術科学大学
情報・知能工学専攻
学年修士課程2年
E-mail
hirakawa.png
 

研究テーマ

  • フラグメント分子軌道計算を用いた好熱性酵素サーモライシンとリガンド間の特異的相互作用の解析
  • フラグメント分子軌道計算による耐熱性酵素サーモライシンの機能抑制剤の提案

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "Specific interactions and binding energies between thermolysin and potent inhibitors: Molecular simulations based on ab initio molecular orbital method",
    T. Hirakawa, S. Fujita, T. Ohyama, K. Dedachi, M. T. H. Khan, I. Sylte, N. Kurita,
    Journal of Molecular Graphics and Modelling, 2012, 33, 1-11.
  2. "Specific interactions and binding free energies between thermolysin and dipeptides: Molecular simulations combined with Ab initio molecular orbital and classical vibrational analysis",
    K. Dedachi, T. Hirakawa, S. Fujita, M. T. H. Khan, I. Sylte, N. Kurita,
    Journal of Computational Chemistry, 2011, 32, 3047–3057.

国内の学術雑誌に発表した論文

...No achievement found.

国際学会における発表

  1. "Specific interactions and binding free energies between thermolysin and dipeptide-like molecules: ab initio fragment MO calculations",
    T. Hirakawa, S. Fujita, K. Dedachi, M.T.H. Khan, I. Sylte, N. Kurita,
    CBI Annual Meeting 2010, 2010, September 15-17, Tokyo, Japan.

国内学会における発表

  1. "金属プロテアーゼサーモライシンの機能抑制剤の提案:古典分子力場及びフラグメント分子軌道計算",
    平川達也,藤田聖也,M. T. H. Khan,I. Sylte,栗田典之,
    第25回分子シミュレーション討論会, 2011, 東京都.
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.