岩淵真悟

津村直哉 arrow_blank.PNG 中村春彦
卒業年度2006年度
修得学位修士
 

在学時の研究テーマ

  • 分子シミュレーションによる核内受容体PPARと内分泌撹乱物質の特異的相互作用の解析
  • EF-hand型カルシウム結合タンパク質とカルシウムの結合特性の解析

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "Ab initio fragment molecular orbital calculations on the specific interactions between human, mouse and rat PPARα and GW409544",
    M. Hayakawa, T. Ohyama, Y. Yamaguchi, S. Iwabuchi, T. Nakagawa, T. Nakajima, N. Kurita,
    Molecular Simulation, 2010, 36, 644-656.

国内の学術雑誌に発表した論文

  1. "分子シミュレーションによる核内受容体PPARとプラスチック可塑剤の特異的相互作用の解析",
    岩淵真悟, 中川智彦, 中村春彦, 山口蓉子, 那須民江, 栗田典之
    J. Comput. Aided Chem., 2007, 8, 1-11.
  2. "EF-hand型カルシウム結合タンパク質とカルシウムの結合特性の解析:半経験的分子軌道計算"
    岩淵真悟, 小坂井晋作, 栗田典之
    J. Comput. Aided Chem., 2006, 7, 78-86.

国際学会における発表

  1. "Specific interactions between Ca and calcium binding protein: semiempirical molecular orbital calculations,"
    S. Iwabuchi, S. Kozakai, N. Kurita,
    The XIIth International Congress of Quantum Chemistry, 2006, May 21-26, Kyoto, Japan.

国内学会における発表

  1. "分子シミュレーションによる核内受容体PPAR と内分泌撹乱物質の特異的相互作用の解析",
    岩淵真悟, 山口蓉子, 中村春彦, 中川智彦, 那須民江, 栗田典之,
    分子構造総合討論会2006, 2006, 静岡県.
  2. "カルシウム結合タンパク質ファミリーの電子状態解析",
    岩淵真悟,栗田典之,
    第19回分子シミュレーション討論会, 2005, 愛知県.
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.