前田躍

澤村聡視 arrow_blank.PNG 平川達也
所属豊橋技術科学大学
情報・知能工学専攻
学年修士課程2年
E-mail
yaku.png
 

研究テーマ

  • 分子シミュレーションを用いたカーボンナノチューブと一重鎖DNA、RNA及び人工核酸の複合体の電子状態、電気伝導特性の解析
  • 密度汎関数法による電場を考慮したDNA二重鎖の電気伝導特性の解析

研究業績

国際学術雑誌に発表した論文

  1. "A combined nonequilibrium Green's function/density-functional theory study of electrical conducting properties of artificial DNA duplexes",
    A. Okamoto, Y. Maeda, T. Tsukamoto, Y. Ishikawa, N. Kurita,
    Computational Materials Science, 2012, 53, 416-424.
  2. "A combined Green's function/density-functional theory study of electrical conducting properties of single molecules tethered to Au electrodes",
    Y. Hoshiba, Y. Maeda, K. Hamada, S. Fukuoka, Y. Ishikawa, N. Kurita,
    Chemical Physics Letters, 2012, 521, 39-44.
  3. "Effect of hydration on electrical conductivity of DNA duplex: Green’s function study combined with DFT",
    Y. Maeda, A. Okamoto, Y. Hoshiba, T. Tsukamoto, Y. Ishikawa, N. Kurita,
    Computational Materials Science, 2012, 53, 314-320.

国内の学術雑誌に発表した論文

...No achievement found.

国際学会における発表

...No achievement found.

国内学会における発表

  1. "第一原理分子シミュレーションによるDNA二重鎖の電気伝導特性の解析",
    前田躍,塚本貴志,岡本晃澄,干場靖浩,Y. Ishikawa,栗田典之,
    第4回分子科学討論会, 2010, 大阪府.
  2. "カーボンナノチューブと一重鎖DNA,RNA及び人工核酸の複合体の特性解析",
    前田躍,福岡昭一,香村郁予,塚本貴志,Y. Ishikawa,栗田典之,
    第23回分子シミュレーション討論会, 2009, 愛知県.
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Copyright © 2006-2008 Kurita Laboratory, All Rights Reserved.